教団の創設者: バーニース・ヒックス師

Rev Hicks

クライスト・ゴスペル・チャーチは約50年前に牧会をしたいという思いや計画を全く持っていないバーニース・ヒックス師によって創設されました。ヒックス師は、聖書を学び、理解し、説明することについての賜物を持っていました。

ヒックス師の教えは霊的なテーマと聖書の法則が結びついているという点に特徴があります。聖書の言葉の中にある隠れた意味を引き出すためにヘブル語原典にまでさかのぼり教えています。

ヒックス師の教えの中心となっているのは、旧約聖書の幕屋は十字架の形に配置されており、クリスチャンがキリストにあって成熟に達するという霊的な成長の体験のひな型(比喩)となっているという原理です。

キリストはすべての頭であって主を愛する者にとってすべてのことが働いて益となります。また、神の国と神の義をまず求めるなら、それに加えてこれらの物はすべて与えられます。

ヒックス師は110冊以上の本を執筆し、発行しています。それらの本は、旧約の幕屋の学び、人間の三重構造、進化論と創造論、デプレッションなど、また、聖書の中の多くの本に対する霊的な注釈も多くあります。これらの著作権は教会に所属し、ヒックス師個人は全くその益を受けていません。

ヒックス師は現在95歳ですが、ジェファーソンビルの教会で、説教し、本、クリスチャンの訓練のための教材を執筆し、毎週何百通にもおよぶ手紙の返事を書いています。そのような多忙な中、年間行事として、4回から6回の大規模な集会で説教しています。そのうちの4つはジェファーソンビルの本部教会で行い、その他はメキシコのタンピコの1万5千人収容のスタジアムとメキシコシティーの牧師のための訓練集会です。ヒックス師はまた高齢にもかかわらず多くの教会を訪問して集会を持っています。

Leave a Reply