教会について

NAGANO.Church pics 030日本の教会の牧師:シャール、清子・マレー師

シャール牧師夫妻は、2007年より日本のクライスト・ゴスペル・チャーチの牧師です。米国インディアナ州ジェファーソンビルに位置するChrist Gospel Churches International 本部において1990年から2007年まで副牧師として奉仕し、長く人より受け入れられた経歴があります。

シャール・マレー牧師は南アフリカのマレー家に生まれ育ちました。マレー家は代々宣教師の家系で、そのうちの一人はアフリカ伝道で著名なクリスチャン文書伝道家であるアンドリュー・マーレー博士です。

シャール・マレー牧師は、18歳でイエス・キリストを個人的な救い主として受け入れました。その後しばらくして、深いイエスとの交わりを求めて、ヒックス師の教えの下でインディアナ州のジェファーソンビルに移りました。マレー師は1978年にクライスト・ゴスペル聖書学校を卒業しています。

清子師は秋田県で生まれ、12歳の若さで人生の目的を探求し始めました。20歳の時、イエス・キリストを個人的な救い主として受け入れました。その後1975年に、更に深い真理を求めてジェファーソンビルに移り、その地で、クライストゴスペル聖書学校の修了課程を終え、また心の渇望を見出すことができました。イエス様との特別で親密な愛の関係のことです!

2007年7月に、主はこの二人の僕を、日本の地に送られ、クライスト・ゴスペル・チャーチ・ジャパンの牧師として、「キリストの計り知れない富」を宣べ伝えつつに仕えています。

Leave a Reply