私たちの礼拝スタイル

-全身を用いた私たちの礼拝スタイルを理解する-

クライスト・ゴスペル・チャーチにおける礼拝の時は、神の愛と光、命に対するあふれんばかりの喜びと賞賛の時です。それは歓喜の時であり、感謝の時であり、解放の時であり、そして私たちが変えられる変革の時です。

私たちは叫び、踊り、飛び跳ね、異言で語ります。歌と賛美の中で手をたたき、手を上げて祈りそして委ねます。

聖霊がのぞんで私たちを通して語る時には、私たちはとりなしの祈りの中で泣き,産みの苦しみの祈りの中でうめきます。時には私たちは震え、からだを揺さぶります。トランス状態で倒れることもあります。また時にはに完全に委ねる証しとして、地に顔をつけて祈ります。

これらの全身を用いた礼拝の体験はみな、私たちの心を引き上げ、私たちの思いを清めます。それは私たちがさらに深いレベルで神の御言葉を受けることができるようになるためです。

ひとたび人々がこれらの霊的体験に心を開くと、大きなインスピレーションを見出し、心を新たにします。さらには、これによりイエス・キリストとのより身近な歩みを見出し、神の御言葉に対するより深い理解を体験するするのです。

私たちの礼拝の時は、完全な表現の自由の原則によるものであり、そして神の聖なる御言葉にしっかり基づいた法則に従っています。

霊的な自由とは、内側と外側の両方からの、肉的なコントロールから解放されるということです。つまり特定の抑制と拘束からの影響を退けている、という意味です。そのような抑制と拘束は、十分な知識を持たない人々から来るものであり、私たちが霊的な心からの、への真の礼拝を果たすことを妨げてしまいます。

霊的解放とは、人の肉的な論理的思考がの聖霊を妨げ、抑制し、閉じ込めて束縛していない状態を暗に意味します。